中央大学附属高等学校(Super Science Course)特別講義 実施報告

2022年10月25日、中央大学附属高等学校の生徒たちが研修旅行として北極域研究センターを訪れ、見学を行いました。

北極域実践コミュニティ事務局メンバーは、北極域研究学習ツール「北極ボードゲーム」を生徒たちとプレイし、北極域で起こる環境・文化・経済の変化を体験してもらいました。

北極の氷が融けるにつれ気候変動・人間社会への影響が生じ、パラメーターが上がったり下がったりするたびに生徒たちは一喜一憂!

プレイを楽しみながら、変わりゆく北極の今を知り、北極の未来を考える時間となりました!

Scroll to Top